教育機関で導入され始めた顔認証の出席管理!

タイトル

話題の顔認証が教育機関に導入され始めました。
大学や学校、塾や学童保育まで幅広く採用されつつあるシステムは、人的ミスを減らしながら、さらに安全な出欠管理体制の構築に貢献します。
新型コロナ対策で求められているマスク着用状態でも認証できるシステムも登場しており、さらに利便性を増しつつあります。
このサイトでは、自分の代わりに他人を出席させる代返を防いだり、効率的な授業のできる出欠管理の基礎知識を紹介しています。

顔認証の出席管理の基礎知識を初心者にも分かりやすく解説

顔認証の出席管理の基礎知識を初心者にも分かりやすく解説 より正確な出席管理を目的に、大学や専門学校などでの顔認証の出席管理導入事例が増えています。
出欠確認は、単に授業への出席の有無というだけでなく、学生の状態を把握するのに欠かせません。
何らかの理由で学生が代返をしていると正確な状態を把握できなくなり、結果的に留年したり、退学を招くことも少なくありません。
このような事態を防ぐためにも顔認証による出欠管理は役立ちます。
また顔認証システムを導入することで出席管理の手間を省けます。
多くの教育機関では、講義や授業を始める前に出席カードに名前を書いて担当者に手渡しパソコンに入力したり、あるいはiCカードを専用端末にタッチすることが多くなっています。
顔認証システムならこのような手間をなくせる上に、極めて高い精度を誇ります。
導入され始めている顔認証の基礎知識を知っていると、新しい時代の出席管理の理解に役立ちます。

教育機関では出席管理のために顔認証を取り入れることができる

教育機関では出席管理のために顔認証を取り入れることができる 顔認証は教育機関で出席管理のために取り入れられることもあります。
特に、大学の場合は正確かつスピーディーな出席の確認や管理を実現することが難しいです。
人数が多ければひとりひとりの名前を呼んで確認することができませんし、出席簿を回したりレポートを回収したりしても他の学生が代わりにチェックをしたりレポートを提出したりする可能性があります。
いわゆる代返と呼ばれる休んでいる友達の代わりに出席しているように見せかける方法も横行しているため、確実に管理することは難しいです。
しかしながら、顔認証があれば話は違ってきます。
顔認証によって出席を確認するのであれば、友達が出席しているように偽装することはできません。
あらかじめ登録されている顔かどうかシステムで判断が行われるので偽られることがありませんし、確認するための時間を設けることなく講義に入ることができます。
これを導入すればシステムから簡単に出席数を確認することができ、成績を決める際にも正しい情報を確認しやすいというメリットが感じられるはずです。
既に出席管理のために顔認証を取り入れている教育機関は多いため、まだ利用していない場合は導入を検討してみると良いでしょう。

顔認証システムはどのような仕組みで本人認証している?

近年、顔認証システムは様々なシーンで活用されていますが、顔認証システムではカメラで読み取ったデータを、あらかじめデータベースに登録されている顔データと照合することで本人認証を行っています。
精度について疑問を感じている方も多いかと思いますが、近年のシステムはディープラーニングされたAIが使われているケースが大半なので高精度での本人認証が可能です。
また、顔認証システムの具体的な仕組みとしては、まずカメラで撮影した画像から顔の部分を特定する顔検出を行います。
この段階では誰なのかを判定できないため、検出した顔から目・眉・鼻・口といった特徴点を抽出し、さらにこの特徴点を特徴量というデータに変換します。
このようなプロセスで得られたデータを、データベースに登録されている顔データと照合し、あらかじめ設定された割合以上で一致すれば同一人物として判定されます。
なお、近年は顔認証の精度向上により、メガネやマスクを着用していても本人認証可能なシステムも数多く登場しています。

顔認証による業務の効率化とはどのようなものか

顔認証とは目や口、輪郭等の顔の特徴で人物を識別する生体認証のことを指し、近年進歩の著しいAI技術を活用しあらかじめデータベースに登録されている大量の顔データを基に行われています。
それによりオフィスでは大きな業務の効率化が進んでいます。
まず、顔で人物の認証を行うためパソコン等の電子機器を利用する際に必要なパスワードを厳重に保管したり、こまめに変更したりする手間がなくなりデジタルセキュリティの向上にもつながります。
また、オフィスの入退室においても扉の鍵やカードロックが必要なくなりそれらの管理の必要もなくなることにより管理業務のさらなる効率化が実現します。
さらに顔認証データと社員データの紐づけによって、オフィスの出入り口のカメラで社員の出社と退社の様子を撮影、確認してネット接続した会社の管理システムで出退勤を自動で記録して勤務管理の手間を減らすことができます。
これらのように、顔認証技術はより効率的で快適なオフィス環境の実現に貢献してくれます。

顔認証システムを導入する際はプライバシーへの配慮が不可欠

顔認証システムは、第三者から偽造される可能性がない顔を認証に活用するため、セキュリティ性が非常に高いというメリットがあります。
一方で、顔はIDやパスワードのように変更できるものではありません。そのため、データが流出した際のリスクが非常に大きいという側面があります。
また、顔データは極めて重要な個人情報となるので、導入前にデータの取り扱い方法を決めておかないとプライバシー問題に発展する恐れもあります。
したがって、顔認証システムを導入する際は、あらかじめ利用者の許可を取っておくとともに、顔認証以外の目的で顔データを利用しないというルールを策定しておくことが大切です。
加えて、データ流出のリスクを軽減するためには、データベースに登録される顔データが暗号化されているシステムを選定することが重要です。
さらに、万が一データが流出した際に備えて、従来のIDやパスワードを併用したり、他の生体認証を組み合わせたりするのも良いでしょう。

双子は顔認証を使って別の人と認識できるか

現時点、顔がそっくりな双子だった場合、顔認証で同じ人と認識されてしまうケースが多いようです。
実際にスマートフォンやパソコンなどの顔認証機能を利用して確認したところ、同じ人として認識され、ロックが解除できる場合があります。
一般的に顔認証は目、鼻、口などの顔のパーツの位置、骨格や領域や大きさなど、人間が見ているような情報をベースに登録してあるデータとの照合や本人であるかを判別しています。
そのため髪型を変えた、化粧をした、メガネをかけたなどでも正確に本人だと判別してくれます。
人が見ても違う人と判別が難しいほどそっくりな顔であれば、顔認証でも同じ人と判定される可能性が高いと言えるでしょう。
以前はスマートフォンの画像でも認証することができましたが、最近では平面だけでなく立体的に判別するなどのようにシステムは日々進化しています。
双子と言えども全く同じではないので、今後認識される可能性があるかもしれません。

高精度な顔認証システムを選ぶポイントとは

顔認証システムを選ぶ際、精度は非常に重要な要素となりますが、高精度なシステムを選定するためにはまず認証方式について確認することが大切です。
顔認証システムの認証方式は、大きく2次元と3次元の2種類に分けられるのですが、高精度なシステムを導入したいのであれば3次元方式を選択しましょう。
3次元方式のシステムは、目や鼻、口といった特徴を画像から抽出するだけでなく、赤外線カメラで取得した立体データも認証に活用しているため、2次元方式よりも高い精度での認証が可能です。
また、顔認証システムの精度は周囲の明るさなどの要因に左右されます。そのため、設置場所に応じて明るさの変化や逆光に強いかどうか確認しておくことも大切です。
なお、システムの精度を客観的に知りたいという場合は、NIST(アメリカ国立標準技術研究所)が実施しているベンチマークテストのランキングを参照すると良いでしょう。NISTでは、様々な観点から顔認証の性能を評価しているので、利用目的に応じた評価を参照することで客観的な精度を知ることができます。

多種多様な業種で活用されている顔認証システム

顔認証は様々な業種で採用されており、業務をスムーズに進めるためのツールとして活用されています。
導入が進む業種で代表的なものとしては、製造や接客、空港、テーマパークなどが挙げられるでしょう。
一般的なオフィスや事務、工場なども対応が進んでいます。
例えば製造の現場ではドアの開閉と連携し、鍵を持ち歩くことなく顔認証で移動することができます。
重要な機密を守るドアで毎回鍵を使う必要がなく、作業効率をアップすることが可能です。
接客が中心の店舗では万引き防止にも役立ちます。
問題のある客は顔認証によるチェックが可能になり、再発や被害を防ぐことができます。
また、空港でも活用されているツールです。
乗客が顔認証を行うことで搭乗券などの各種情報との紐づけが行われ、荷物の管理を楽に行うことができるようになっています。
情報の紐づけを活用することでスタッフ対応の頻度が減り、よりいっそうスムーズな登場が可能となっています。

顔認証システムにはどんなデメリットがあるかについて

顔認証システムとは生体認証のひとつで目や鼻、口など人の顔の特徴胃から本人を識別する技術です。
円滑な入退室管理や要注意人物の検出などができ便利ですが、欠点もあります。
顔認証のデメリットは、まず製品や環境によって認証制度に差があることです。
製品によっては顔の経年変化や髪型、マスクの着用に対応できないシステムもあります。
環境については、逆光や極端に暗かったり明るかったりする場所において精度が落ち認証できないことや認証に時間がかかることもあります。
また、人の顔というのは個人情報保護法で個人情報として定義されているため、データの扱いやプライバシーには十分に配慮しなければなりません。
具体的には利用目的を本人に通知したり、撮影データは暗号化して保存したりする必要がありこれも欠点です。
顔認証というのは誰にも偽造できないパスワードになるため、セキュリティレベルは極めて高いです。
しかし、一方で万が一顔写真が流出してしまった場合のリスクも大きくなることもデメリットになります。

顔認証システムの道入によって起こり得るトラブル

顔認証を使用することにより起こり得るトラブルとしては、プライバシー問題や情報漏洩リスク、精度などが存在します。
プライバシーについての問題は、個人の顔を認証のキーとして利用することからも細心の注意を払って取り扱うべき問題でしょう。
顔認証が取得したデータは個人情報となり、取り扱い方を間違えると人権問題に発展するおそれがあります。
データの取り扱いについてプライバシーに配慮しながらしっかりとした方針を定め、厳格に運用する必要があるでしょう。
多数の個人情報を扱うことから、情報漏洩がトラブルに発展することも考えられます。
また、顔認証の精度が問題になることもあります。精度にムラがある顔認証システムを採用した場合、初回は認証可能だったのに次はだめだった、あるいはその逆になってしまったなどの問題が起こりがちです。
さらに認識不可能や誤認が発生する可能性もあります。
導入はコストに見合っているのか、正当な運営が可能なのかといった点を事前に確認することが大切です。

正確・精度の高い顔認証システムを選ぶ上でのポイント

国際空港や金融機関など、高セキュリティが求められるシーンで活用されている顔認証システムは数ある生体認証の中でも高い精度を誇ると言えるでしょう。
その一方で顔認証システムによって、その精度の差が前後する点も否めません。
中でも明確に差を分けるのが、2D方式と3D方式です。
従来の2Dの場合は画像に映し出された顔と、データベース内に登録されている情報と比較して照合する仕組みとなっています。
対応するカメラデバイスが多いため選択肢がたくさんある反面、日光や照明などで精度に影響を及ぼすのが難点です。
2D方式に赤外線カメラを追加搭載したものが、3D方式となります。
縦と横だけの二次元に加えて、奥行きすなわち立体的に捉えることで正確性が向上しているのが特徴です。
顔写真や動画を悪用した、なりすましにも騙されず正確に弾くのは大きなメリットと言えます。
暗所にも強いため、より高い精度を求めるのであれば3D顔認証システムを導入することをおすすめします。

顔認証の最新の仕組みとその応用範囲の特徴

顔認証は近年では様々な場面で利用されており、セキュリティの確保を充実させるものと注目されています。
しかしその反面その認識方法によってはデメリットも数多く存在しているため、これが利用できないと言うケースも数多く存在していました。
これを解消するために日々研究が進められており、最新のものではいろいろな仕組みを導入しこれらの問題を解決できるものが増えているのが実態です。
顔認証はこれまではいくつかの種類の顔の写真をもとに作成した認証パターンを利用することでその正当性を確認してきましたが、近年ではコンピューターの技術が進みより多くの人称パターンを利用することができるようになったことや、またAIに利用されているような高度な技術の導入により、精度を高めながら認証誤りを防ぐと言う高い技術が用いられています。
これにより刻々とその状況に応じて変化する人間の顔の状態を検知し、これは本人であるかを確実に認識するようにできるのが最新の顔認証の特徴です。

顔認証の出席管理システムおすすめサイト

顔認証 出席管理

新着情報

◎2022/12/8

情報を追加しました。


>多種多様な業種で活用されている顔認証システム
>顔認証システムにはどんなデメリットがあるかについて
>顔認証システムの道入によって起こり得るトラブル
>正確・精度の高い顔認証システムを選ぶ上でのポイント
>顔認証の最新の仕組みとその応用範囲の特徴

◎2022/2/2

情報を追加しました。


>顔認証システムはどのような仕組みで本人認証している?
>顔認証による業務の効率化とはどのようなものか
>顔認証システムを導入する際はプライバシーへの配慮が不可欠
>双子は顔認証を使って別の人と認識できるか
>高精度な顔認証システムを選ぶポイントとは

◎2021/11/15

サイトを公開しました